川崎市での脳ドックなら|溝の口脳神経外科クリニック

〒213-0001 
神奈川県川崎市高津区溝口2丁目14-31
MSメディカルビル3F
Tel. 044-819-7490
お問い合わせTel. 044-819-7490
TOP
ヘッダー画像

脳ドック

川崎市での脳ドックなら|溝の口脳神経外科クリニック

脳ドックについて

MRI

頭部MRI検査による脳の精密検査を行います。
「脳を守る」ためには、予防が大切です。
予防を行うためには、ご自身の現在の脳の状態を知る必要があります。
脳ドックを行うことによって、未破裂脳動脈瘤(くも膜下出血の原因)、隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)、海馬の萎縮(アルツハイマー型認知症の原因)などの脳疾患を早期発見し、早期治療に繋げることが可能になります。
また、ご自身の脳を視覚的に理解することで、よりご自分を大事にするきっかけになるかと思います。
普段、特に気になる症状はなくても、将来、脳の病気が心配な方など、ぜひ一度ご来院ください。

脳ドックはこのような人におすすめします

  • 40歳以上で、これまでにMRI検査を一度も受けたことがない
  • 家族に脳の病気をした人がいる
  • これまでMRI検査を受けたことがあるが、改めて受けてみたい
  • 生活習慣病(糖尿病・高血圧・脂質異常症)がある
  • メタボリックシンドロームを指摘された
  • くも膜下出血や脳出血・脳梗塞などを罹患した血縁者がいる
  • 心筋梗塞や狭心症になったことがある

脳ドックでわかる病気

  • 脳梗塞・脳出血などの脳卒中
  • 脳腫瘍、眼窩内腫瘍の有無
  • 未破裂脳動脈瘤
  • 脳動静脈奇形などの脳血管奇形
  • 脳動脈の閉塞・狭窄
  • 脳外傷
  • アルツハイマー型認知症にみられる脳萎縮の有無

当院の脳ドックの特徴

高性能1.5T(テスラ)のMRI完備

当院ではMRI機器として、キヤノンメディカルシステムズ株式会社製1.5Tを導入しています。

脳ドックが25,000円

お気軽に脳ドックを受診いただけるよう、MRI・MRAコースを25,000円で提供しています。定期的な脳ドックで早期発見・早期治療を行い、脳障害のリスクを未然に防ぎましょう。

脳ドックのコースと費用

※脳ドックの支払いは現金のみとなります。クレジットカードは使えませんのでご注意ください。

基本脳ドック

コース 料金
     Aコース  MRI・頭部MRA・頸部MRA 25,000円
     Bコース  MRI・頭部MRA・頸部MRA・エコー 30,000円
     Cコース  MRI・頭部MRA・頸部MRA・エコー・心電図・採血 37,000円
     Dコース  DWIBS-DWI only(がんの有無の検査)
          (医師説明付きは選べません)
30,000円
     Eコース  DWIBS-ALL(DWI以外の撮影方法も加えて更に詳しく検査)
          (医師説明付きは選べません)
60,000円
     Fコース  Aコース+Eコース+胸部CT 90,000円

 

オプション検査

VSRAD(認知症検査)
※54歳以上が対象 
3,500円
頸椎MRI(1方向) 
*頚椎疾患、ストレートネックなどが評価可能
5,000円
医師説明付き 5,000円

脳ドックの流れ

1.日時予約

電話にて日時とコースの予約をお取りください。

月曜日〜土曜日(休診日の木曜日を除く)

午前9:00枠 午後2:00枠 午後2:30枠
*土曜日午後の枠は医師説明付きは選べません。

2.当日受付

当日は脳ドック予約時間に受付へお越しいただき、脳ドックを予約している事をお伝えください。
問診票をお渡ししますので、ご記入ください。
問診票を確認後、検査費用をお支払いいただきます。

※脳ドックの支払いは現金のみとなります。クレジットカードは使えませんのでご注意ください。

3.検査

個室で検査着に着替えていただきます。検査前の金属類などのチェックを行い、その後、MRI撮影を行います。撮影時間は20分程度です。
エコー検査や採血、心電図を行う方はMRI検査後に引き続いて行います。

4.検査結果説明

「医師説明付き」を希望された方

当日院長より結果についてご説明し、帰宅となります(検査内容により結果説明が後日になることがあります)。

希望されない方

検査結果書類を後日レターパックにて郵送いたします。レターパックに住所を記入していただき、帰宅となります。

脳ドックを受けられない方

  • 心臓ペースメーカー、除細動器を使用中(MRI対応型を含む)
  • 心臓の人工弁、人工内耳、古い脳動脈瘤クリップ
  • 脳深部刺激装置を使用中
  • 脊髄刺激装置を使用中
  • 冠動脈などにステントを留置して2か月(8週間)以内
  • 材質の分からない体内金属物
  • 子宮避妊具を使用中
  • 妊娠初期(4か月未満)、もしくは妊娠の可能性がある

など

※閉所恐怖症の方、刺青のある方はご相談ください。

脳ドックについてよくある質問

脳ドックで何がわかりますか?

脳動脈硬化などの血管障害による脳卒中のリスクや未破裂脳動脈瘤、無症候性脳梗塞(隠れ脳梗塞)、脳腫瘍、認知症リスクなどがわかります。

何歳になったら脳ドックを受けた方がいいですか?

40歳になりましたら一度受診をおすすめしています。若い方でも、高血圧の方、肥満や高血糖の方、また喫煙やアルコールを摂りすぎる方などには受診をおすすめいたします。

脳ドックはどれぐらい時間かかりますか?

脳ドックにかかる時間はコースにもよりますがシンプルなプランで約30分程度です。

脳ドックは保険適用されますか?

健康保険適用外となります。また、治療のための検査ではないため、医療費控除の対象にもなっていません。

刺青を入れていると何故駄目なのですか?

アートメイクや刺青の着色顔料やインクに金属を含む場合があり、一般的にはMRIは禁忌となっています。昔は朱色に水銀が使われたり、他にも様々な色にMnやCu、Feなどが含まれています。刺青の色の金属が熱を持ち熱傷を生じためです。
熱を感じた時は速やかに検査を停止するなどの対策はしますが、実際には検査終了後に低温火傷にて発覚することが多いです。
しかし、火傷リスクよりもMRI診断の有用性が高い場合は上記の可能性を説明の上、同意をとって施行することもあります。